パンプス選び、どこをどう見る?

靴選びの際のチェックポイント!

パンプスを選ぶ時、ポイントとなる箇所が8点あります。
それは「かかと」「爪先」「足の親指と小指の付け根」「足の甲」「土踏まず」「足幅」「調整パーツ」「くるぶし」です。
よく街中でかかとがパカパカと空いたまま歩いている女性を見かけますが、かかと部分に空きがあったり、圧迫されてしまうものは避けましょう。
爪先は1cm程余裕のあるものを選び、親指と小指の付け根が靴の張り出した部分とフィットしているか、足幅より靴の幅のほうが広くないか、逆に食い込んでいないかなどを見ていきましょう。
土踏まずに隙間がある場合は中敷きで対応すると良いですね。
最後にとても重要なのが、くるぶし!
くるぶしは小指側の方が親指側に比べて下に位置しているのです。
くるぶしが靴の履き口のラインに当たってしまうと痛くなる可能性が高いので、より下にある小指側のくるぶしに注目して選びましょう。

TPOにあったもので使い分けよう!

パンプスは爪先の形状によって区別されます。
自分のサイズが分かったら用途によって選んでみましょう。
最もスタンダードなのは「ラウンドトゥパンプス」で爪先にやや丸みを帯びているのが特徴です。
フォーマルな場で使うことが出来、オーソドックスなデザインです。
フォルムが丸いことからソフトで優しい印象になりますね。
やや爪先がシャープになったのが「アーモンドトゥ」と呼ばれるタイプで、足を綺麗に見せてくれることから、最も人気のあるデザインです。
パーティーやフォーマルなドレスに似合うパンプスです。
シャープで洗練された印象のある「ポインテッドパンプス」は綺麗めなファッションの他にジーンズとの相性も抜群です!
鋭角な爪先が印象的なデザインでスタイリッシュに見せることが出来ます。

その時々に合ったものや、自分に合ったパンプスを選んでみましょう。


このコラムをシェアする